ブンジニアの記録

文系でありながら理系に間違われる人

外国語習得法

これはある意味自分への記録です。

英語

これは英語で何をしたいかによる。同時通訳になりたいのか、会議で発言できるようになりたいのか、e-mailをうまく捌きたいのか、観光でレストランでオーダーできるようになりたいのか、履歴書にTOEIC のスコアを自信たっぷりに書きたいのか?満点じゃないと自信たっぷりにはならないし、TOEICを目的にするのか?とか。

話はこれらを明らかにしてからだと思います。

たまに英語の相談受けますが、英語ができる自分は何をしてますか?と聴くしかないです。

ホリエモンですら英語の本を出してるのを先週末知った。(信者のための本なのか)

彼、英語の本出すほどうまいですかね。論文を読みこなせる、ジャーナリスティックなものを超高速で読みこなせてるとも思えない。でも何かしらやってるのでしょう。そんなもんですかね。(信者に刺されそうだな)

 

他の外国語の講座で上級編みたいなのに行きました。大概の人は日本語で考えてるんですね、多分。先生に即興で簡単な質問に答えることにハードルがある。それを知りました。それは日本語でまず文を作って変換するから。

 

日本語は言語学的にもガラパコス言語です。まずは英語の読む、書く、聴く、話すを日本語のヘルプなしにこなすのが必須かと思います。英語で考えていた方が通じるし、反応速度も速いのではないかと思います。

 

例えばヨーロッパの言葉。文法。格変化。男性型、女性型、中性型、複数型、名詞、形容詞、何通りも変化する。それがメロディを作り出してる。英語は前置詞の言語なんだなとか。

 

続きは後日にしますが、同僚で英語の翻訳学んでいる人と話していて思います。

英語は格変化無いようなものなんだけども、翻訳となるとかなり深い。

その人に言わせると私の英語への態度は邪道で、一方、私から言わせると、外国語やるのに日本語は瞬間に消すべきだし、世界には美しい言語たくさんあるのにさ、という感じです。そもそも翻訳好きじゃないから。

 

英語については、まずは日本語を頭から消し去る水準に行くことかと思います。できれば高校生のうちに。