ブンジニアの記録

文系でありながら理系に間違われる人

マインドフルネス = バカ

武道やヨガをやってきた人間としては、全く意味がわからないものに、

マインドフルネス

という言葉や行為があります。

瞑想でしょ?と思う。

もっと砕けると、

“黙っていやがれ。お前らは騒ぎすぎだ、うるせえ”、ということです。私自身、米国企業に勤めてますしね。

そんなの沈黙が美徳の日本人に必要ないし、パーティやらMeet Upで無理くり人脈作るアメリカのものじゃないかと。さらには西海岸か。

私は東京で暮らしています。平日だと、いろいろ仕事もあるし、通勤もあるし、睡眠もある。そんなに時間ないですよ。平日は仕事して、家族と少しの時間でも語らい、さっさか寝ろ!ということだと思います。残業しなくても時間はない。

私は早めに行くけど、基本残業はしません。でも家族ともっと過ごしたい。

 

そもそも、マインドフルネスとかわけのわからんバカな言葉や行為はどこからやってきた?

知る限りGoogleかな。

 

やりたきゃヨガ習って、朝起きて水飲んで、太陽礼拝3分、クールダウンにシャワアサナ(死体のポーズ)で十分なんじゃないの。

 

インストラクターの言葉通りに瞑想したつもりになっても、そこに何が?多分勘違い。

 

私はまだまだですが、瞑想ってそんなハウツーみたいな画一した生半可なものじゃないと思ってます。

マインドフルネス=バカ

その前に自己主張やめて黙ってろ、と。

 

マインドフルネスとやらは常に存在する。

 

ということで黙ります。