ブンジニアの記録

文系でありながら理系に間違われる人

頑張らないヨガ

なんだかあっという間に小規模のジムが、私の住む街にもたくさん出来ました。

用途や対象が分かれているのはいいことだと思います。

私は長年やってきた極真空手をやめて、いろいろトライした挙句、結局、6年くらい前からひょんな事ではじめたヨガだけが残りました。

試合前、ジムで必死こいて走ったりウェイトしたりしてて、[40キロくらいでフリーウェイトのベンチプレスするんじゃねえ!とフラストレーション溜めてたものですが、ゴリマッチョの人たちからは100キロくらいならマシンでやれ、今すぐどきやがれ、と思われてたかも。]

ということで、セグメンテーションは大事なのです。

ヨガに話を戻しますと、

以前は、ワークアウトも兼ねたパワーヨガみたいなのを好んでいたのですが、年老いたのか、身体を整えるようなヨガ、内臓を良くするヨガみたいなのがとても楽しいです。

その間は、

あ、あのデータ処理間違えたかも?

スピード上げられないかな?

とか、うだうだしたことを忘れれます。

また、レッスンが終わった後、心身落ち着いた、整った感じを余韻として持っていれます。

 

しかし、ヨガ、流行ったな