ブンジニアの記録

文系でありながら理系に間違われる人

英語を話せない理由

こんにちは。

今日は時間もないので、「貧しかった子供時代」とかそんな話は抜きにします。

まず、日本人は英語が話せないのでしょうか(もちろん話せる人が格段に増えたのは承知)

言語学的には、日本語は「インド・ヨーロッパ語族」に属していない、ガラパゴス言語だからです。応用できるそっくり言語が存在しません。英語と日本語はそもそも違いまくり過ぎます。文法、音声、カルチャーすべてです。

さらには、Input: 読む・聴く、Output:書く・話す、が全く足りていない。

「いや、受験でたくさん読みました」

そうではなく、頭から日本語を消しさるレベルまで大量に読んだり、聴いたりしましたか、と。

InputがないとOutputができないのです。

データがないと前処理も可視化もモデリングもできないのです(ちょっと違うか)

Inputはつまり、新しいOSを埋め込むようなものです。この英語的OSのインストールがないと、あの腹式呼吸発声、発音、一息でフレーズは吐き出しまくる、この水準にはなかなかたどりつかないですね。

それと、

読む<書く<話す<聴く の順で難しいと思います。

自分のペースではなく、相手が主体になり、スピード感の即興性があればあるほど難しい。

それと、読む速度が遅ければ、それより速い英語は聞き取れません。

 

本屋に行くと英語の本が大量に次から次へと出ていて驚きます。いい本もあります。しかし、それは、上級者の精度を上げるようなもの(例えば、a, theの違いを例文つきで丸々一冊解説とか)。

とりあえず、自分の好きな映画の好きな俳優・女優さんのセリフをそっくりそのままマネしてみるとか、どうでしょうか。完コピ。

愕然としますが、辛抱強く続けるとある時劇的な変化が訪れると思います。

 

私、大学時代の研究が言語学で、それも音声学だったものでして。