ブンジニアの記録

文系でありながら理系に間違われる人

毎週土曜日は食いまくりのチートデイ

平日は1日5食食べてて、お腹が空いている状態をなくしてて、毎日ほぼ同じものしか食べてません。

 

時間帯もだいたい決まってます。機械的にやっていますので慣れました。特に仕事をしている日中は怒ってたり、苦しんでたり、答を探していたり、あまりいい精神状態とは言えませんので、食事をとても疎かにしてしまいます。

 

だから、機械的に毎日同じものを食べます。極力同じ時間に食べます。

 

ほとんどがたんぱく質で、脂質のあるものはとらないように。しかし、仕事のストレスもあるので、帰宅後のビール、ワインは許しています。

 

土曜日は好きなものを食べると決めているのですが、あまりグルメではないため、いざ、好きなものを食べるぞ!となっても思いつかないです。

 

朝、コンビニに行ったらフルーツサンドと小倉あんクリームサンドが美味しそうだったので食べました。

 

ジムではのんびり2時間超過ごしました。

 

昨日は時間も遅くなったのもあり、ランチタイムが16:00までのインドカレーにしました。

 

先週は3ヶ月以上食べてなかったカップラーメンを朝から食べて、うまい!!!と騒ぎすぎて家族に怒られました。

カレーはめちゃくちゃ美味しかったです。マトンカレー、野菜入りチキンカレー、ナン、サラダ。あれ、この店こんな味だったっけ?と久々に本気でおいしいと思いました。

 

夜、お腹が空かない。なんとかだんごを2本食べて、焼き鳥4本食べて、プロテイン飲んで寝ました。酒は飲みませんでした。

 

さきほど3日ぶりに体重測りました。2キロ体重減ってました。

左の肩、おそらく三等筋をちょっと痛めたかも。

今日ジム行ったら部位を特定できるかも。

 

今朝はとりあえずゆで卵があったので4個食べました。もうすぐジムに行きます。軽く1時間程度の滞在時間の予定です。

 

 

ジムで腹が立つ連中

最近、私の所属ジムも会員が増えてきたのか、フリーウエイトコーナーが前みたいに使い放題になくなってきました。本来ならフリーウエイトコーナーにいるべきでない連中が超じゃま。

腹が立つ連中はこんな感じです。

 

- ベンチプレスするんじゃない

30キロで胸にもベタ付けできないなら、マシンで修行した方が効くんじゃないの

 

- インターバル取りすぎ

ラットプルダウンで15キロくらいで五分のインターバルはやめてくれ。何の疲れが?その間ツイッターって何しに来てるんだ。

 

- デッドリフト30キロでパワーラック禁止

自重のスクワットからやりなさい

 

- 30キロベンチプレス終わったらプレート外せ

元に戻せ。これは前者のバカ

- こんなモヤシに限ってプロテイン摂取途中でしたり。バカだろう

 

などなど、こういう奴らに限って変なトレーニングしてやがる。ソースはYouTube なんでしょう。

 

人から教われ!バカ!マシンでやれ。目障りだし、こっちの時間のロスだわ。長いインターバルはお前らには必要ない。まだ筋肥大、超回復以前の問題。

 

超迷惑だよ、中途半端なヘタレ。マシンやり込んで。パワーラックは最低で も40から60kgあたりをベンチを胸にベタ押しで10*3程度をできる程度ならいいんじゃない?

強度のトレーニングを必要としている人たちがトレできないと本末転倒。

 

そして、こういう連中はマシンも拭かないし、プレートつけっぱなしだったり、ラックは元どおりに戻さない。

 

あまりひどいと、トレーナーにチクるよ

 

最近の筋トレ

肩甲骨の間あたりを痛めていて、1ヶ月ぐらい治療していました。

先生方のおかげで、トレーナーの方々のおかげでようやく治ってきました。

ベンチプレスが1番危険なのですが、プレス系の動作ができるようになってきたので、ダンペルフライとダンベルプレス、スミスマシン使ったインクラインベンチプレスはなんとか怪我なくできるようになりました。

胸にはしっかり効いている模様なので、気をつけながら負荷を上げていってる最中です。

で、時間があるときは、トレッドミルであるきながら、Julia 言語のオンライン講座の教材を見ています。

とりあえず、CouseraのJulia Scientific Programmingコースは一通り終わらせました。

本も1冊買ってきました。

コードを書きまくらないとですね。

 

オレンジセオリーフィットネスの体験に行ってきた

色々気になっていたので、ついに無料体験に行ってきました。

 

結論:

とても良いです。かなり良いです。非常に良いです。

 

- 筋力も心肺機能も総合的に鍛えられてしまう

- やはりトレーナーがいると意志の力が不要。言うことを聞いてそのまま動くだけでかなりの運動量をこなせてしまう。私、1時間で730キロカロリーくらいの消費でした。一応あまり本気出さないようにしてました。初めてだし、怪我したくないし。

- 色々とデータが可視化されて面白い

- ノリがいい、異空間

- 同じトレーニングメニューは2度とないので飽きない(1回しか行ってないけど)

- 週2回くらいやったら相当絞れるのではないか

- ボート漕ぎが楽しかった

- トレッドミルはなかなかキツかったが楽しかった

- ウェイトは軽め。サーキットだからちょうどいい

- 細マッチョになれそうだ

- フィットネスとしては最高では?

- ポジティブな性格になれるかな

- 予約とって、行くだけ、の2つでがっつり

 

なかなか表現するのが難しいですが、とても良かったです。あまりこれまで運動習慣がなかった人は、キツイけどノリと楽しさでハマるのではないかと思います。

軽く運動している人も体力強化、スタミナ増加、楽しさでハマると思います。

スタジオ内は音楽ガンガン、トレーナーの指導がノリノリで、1時間あっという間に過ぎます。つまり予約を取り、足を運ぶだけ。

 

運動したいという人がいたらかなりオススメですよ!と言いますね。トレーナーの存在はとても大きい。

 

一方で、私は、

自分は筋トレだけで楽しいし、以前かなり激しく運動してたのもあり、今はあんまり心拍数上げまくりたくないし、マッタリとネチネチ筋トレするのがあってるのかな、と思います。(本日現在)

 

今日は胸を集中してやってきました。

 

 

Kaggle復帰

ある時のメールにふと目が止まり、久々やってみるかー!とログインしたら前回のコンペティションから3年経ってました。

まあ、学習用のコンペティションとトレーニングが混じっているようなもので、初級と中級を両方とりあえず終了しました。

便利だなと思ったのは、Kaggle上で動かすことがかなり楽になってるところですね。

前はギガバイトなデータ達をダウンロードすることからやって、ローカルで操作したら環境が足りなくて断念、てことがしょっちゅうでした。

コンペティションも随分AIちっくになってて画像処理、自然言語処理なんかですね。個人的には力量不足でムリです。

TensorFlowのチュートリアルくらいなら何とかできますけど。

あ、一応、JDLA検定のG2017は合格してます。5日間くらいでしたかね、通勤中に指定図書を読みました。

 

 

 

通勤HACK

最近、電車や駅でおぢさんまでもリュック背負ってますね。自分も昔はそうでした。

それで、デスクワークで猫背になったり、そのせいであちこち傷んだり、最悪右腕が動かなくなったり、そんなことが色々重なり

 

常に身体に自然なポーズでいられるか?

 

と考えるようになりました。

 

あれこれ工夫するわけですけど、ただでさえ荷物少ないのに、カバンなし、つまり手ぶらになることを思いつきました。

 

試行錯誤の上、

定期券、会社のIDカード、クレジットカード、千円札1枚、スマホ、家のカギ、会社の机のカギ、メモ帳です。

今日は傘があります。残念。

 

快適です。お金は1日困らない程度PASMOに入ってます。

 

でかいリュックしょってる人は何を持ち運んでるんだろうか?

 

マッチョだったらジム用品なんですが、そうでもない人はどうだろう。