ブンジニアの記録

文系でありながら理系に間違われる人

外国語習得法

これはある意味自分への記録です。

英語

これは英語で何をしたいかによる。同時通訳になりたいのか、会議で発言できるようになりたいのか、e-mailをうまく捌きたいのか、観光でレストランでオーダーできるようになりたいのか、履歴書にTOEIC のスコアを自信たっぷりに書きたいのか?満点じゃないと自信たっぷりにはならないし、TOEICを目的にするのか?とか。

話はこれらを明らかにしてからだと思います。

たまに英語の相談受けますが、英語ができる自分は何をしてますか?と聴くしかないです。

ホリエモンですら英語の本を出してるのを先週末知った。

彼、英語の本出すほどうまいですかね。論文を読みこなせる、ジャーナリスティックなものを超高速で読みこなせてるとも思えない。でも何かしらやってるのでしょう。そんなもんですかね。

 

他の外国語の講座で上級編みたいなのに行きました。大概の人は日本語で考えてるんですね、多分。先生に即興で簡単な質問に答えることにハードルがある。それを知りました。それは日本語でまず文を作って変換するから。

 

日本語は言語学的にもガラパコス言語です。まずは英語の読む、書く、聴く、話すを日本語のヘルプなしにこなすのが必須かと思います。英語で考えていた方が通じるし、反応速度も速いのではないかと思います。

 

例えばヨーロッパの言葉。文法。格変化。男性型、女性型、中性型、複数型、名詞、形容詞、何通りも変化する。それがメロディを作り出してる。英語は前置詞の言語なんだなとか。

 

続きは後日にしますが、同僚で英語の翻訳学んでいる人と話していて思います。

英語は格変化無いようなものなんだけども、翻訳となるとかなり深い。

その人に言わせると私の英語への態度は邪道で、一方、私から言わせると、外国語やるのに日本語は瞬間に消すべきだし、世界には美しい言語たくさんあるのにさ、という感じです。そもそも翻訳好きじゃないから。

 

英語については、まずは日本語を頭から消し去る水準に行くことかと思います。できれば高校生のうちに。

 

 

ヨガやった日にビールとストロング飲んだら吐いた

先日、朝、あるヨガのクラスに行き、昼はしゃぶしゃぶ食べ放題に家族で行き、夜は私1人でしたので、カンビールとチューハイを一本ずつ飲みました。で、ギターを弾いていました。

 

翌日早朝、急に気持ち悪くなりガーガー吐きました。

私は子供の時から体調の異変があるとよく吐いてたし、今でもそうです。

 

しかし、今回は様子が違う。

 

もともと今習っているヨガはツラいポーズはほとんどなく、特に内臓に働きかけ、老廃物を出す効果があるプログラムです(だそうです)。終わった後は、全身の一体感、長く続く余韻があります。

 

そもそも、しょっちゅう平日ガス欠状態になり(忙しいのです)、週末は寝てばかりという日々も多くありました。

そういうときはヨガも行けません。長年やってたフルコンタクト空手も辞めました。

で、今の先生のヨガクラスに出てます。エクササイズ的要素はほとんどありません。むしろ、フルコン空手をやってた人間には全く物足りないくらい。

 

はっと気づいたのは、ガス欠で週末倒れている状態がほぼなくなってます。土日のうち1日は自宅で静かにするようにはしています。

 

本題は、今日、仕事の後クセのようなアルコールを口にするかどうかです。

 

次回のクラスで先生に報告しようと思います。

 

ひょっとしたら、東洋医学おそるべしなのかもしれない。

 

マルチエフェクターを使わない理由

ギターネタです。

私はかつて、アンプを複数台所有し、ラックシステムも組み、と、カネをつぎ込んでいたわけですけども、全部売りまして、練習用30Wアンプ1台のみとなりました。

今は、

Wahペダル(借り物のサトリアーニモデル)、エレハモのオーバードライブ、自作Fuzz、やっとこさ久々にディレイ、それとアンプのチャンネル切り替えのBOSSのスイッチとなりました。飛び道具は他にも欲しいですが、やっと基本がそろいました。(3年)

電源は、電池。ディレイなど空間系は電力消耗するので、

DCコンバーターでタコ足供給。電池の延長。です。AC電源だとノイズを拾ってしまったり、あと小遣い足りなかったりです。

 

マルチエフェクターは素晴らしいものが沢山あります。私が避けてる理由は、

 

- 設定がめんどい

- 一部気に入らない音があると、製品全体ががいやになる

- 自宅で、ご近所に迷惑にならない程度の爆音で弾いてても、スタジオでさらに爆音出したら、音がイメージと違うと困る、

などです。

 

なので、コンパクトエフェクトとアンプで音を作っています。あまりエフェクト増えると、スイッチングシステムが必要になってしまうので、これも避けてます。

 

足元の操作が忙しくなりますけど。これはしょうがない。腕を上げるしかない。

 

特に個人的に大切な役割のディレイがない状態を何年も続けてたので、繋いだ時は感無量。

 

それもBuddaのアナログともデジタルとも言えない素晴らしいペダルを格安で手に入れられたので、物欲がかなり満足。

 

で、実験をします。

 

ノートPCのUSBポートから電源供給できるか?です。

 

私が追い求めていたのは、Eric Johnsonの音。あと、切り替えれば、ギターも含めて、Vaiっぽくなるというものです。

 

Fender ストラトIbanez Universeでしばし実験を楽しみたいと思います。

 

まあ、アーティストが何を弾こうがその人の音になるのと一緒で、何を弾こうが何を繋ごうが、汚い私の音になるですね。

 

スタジオに行ってローランドのJazz Chorusしかアンプがなかったら帰ります。素晴らしいアンプですが、私のセッティングでは変な音しか出ない。

 

会社の音楽部の勧誘を断ったのも、名目上はそれが理由。Marshall JCM900すらないのなら、おれが行く意味ありませんよ。本音は私の聖域である音楽と会社をリンクさせたくなかったから。

 

マルチエフェクターあったらJCがアンプでもそこそこできるからやばい。

 

 

 

RからデータウェアハウスへSQL

楽になったけど、時間がかかる。

 

Windowsお得意の画面真っ白状態になる。

 

タスクマネージャーみると、CPUもメモリも激しい動きはないのに。その間、RDBSが働いてくれてるのだろうけど。

 

回しっぱなしで帰りました。

 

やっぱ、Linuxでやりたい。

 

Googleは社員を恍惚状態に

圧倒的にハイな状態で仕事したら、振り子の原理で圧倒的ローの状態、Depressionくるんじゃ?

 

こんな記事が同僚から回って来まして、アメリカやっぱりバカだよね、と。

https://toyokeizai.net/articles/-/237175?display=b

 

甘っちょろい軍隊じゃないの、と思いました。

たしかに極限状態。たとえばファスティングとか、禅宗とか、現代人の置かれたデジタルデトックスにはいいと思います。

イーロン・マスクさんには合ったんでしょう。

 

« 50年以上の修行の末に僧侶がようやく会得するような脳の状態 »

とありますが、僧侶に失礼じゃないですかね。パーティと比較してはいけない。

 

禅やヨガの求めるところは、常にニュートラル。ハイでもローでもない。常にリラックスしてフレキシブルな状態だと思うのですが。

 

もともと、この類のことは自己啓発の帝王、アンソニー・ロビンス (Anthony Robbins)が昔から言ってたと思うんですよ。 » すべてを置いて1週間走り続けるんだ» みたいなことです。

だけど、アメリカが起こしたアフガン情勢やらシリア情勢やら、日本だったら震災。日常とかけ離れた極限状態は、アメリカ外でボランティアで経験できますね。日本でも。

 

アメリカで暮らしてたらアメリカ以外のことに目を向けなくてすみますもんね。

 

アメリカで、どことは言いませんが、 »海外の情報知りたい。新聞は? »

と聞いたならば。

« なんで? »と答えられてしまうようなところです。(実話)

 

なんかな、あほくさ、と思いました。

 

クソみたいな武道にハマる人間が海外に沢山いるのと同じです。

結局は宗教みたく外に救いを求める。

 

贅沢な生活やパーティをしすぎなんじゃないの?

 

 

RODBC 32 bit

これまでデータウェアハウス(DWH)からデータを引っこ抜いてゴニョゴニョとやったりしていたわけですが、私の無知のせいで、嬉しくもあり悲しくもありの出来事がありました。

 

この場合は、SPSS StatisticsとModelerで完結させるか、csvで吐き出して、RやPython使ったりしてました。

そもそもネットワーク系のことを知らなさすぎだったわけです。

 

たとえば、1つのデータテーブルがDWH上にあったとして、これまでずっと全データをSPSS Statisticsの形式で一晩かけてダウンロードして、SPSS Modeler でデータセット作成からモデリングまで一連の処理をしてました。(貧弱ローカル機械なのでとても時間がかかる)

同時に、コンソール画面で直接SQL出して、あーでもない、こーでもないと仮説立ててました。いわゆる併用ですね。

 

あるタスクをやってる最中、一瞬思うところがあり、

32 bit 版のRを起動して、library(RODBC)を実行。CRANのドキュメント読んで、

すんなりR内でODBC開通。SQL流してデータセットを確保できました。10分くらい。

一晩かけてたStatisticsでは32 bit版を起動して32 bit ODBC接続でやっていたのです、そもそも。なんでわかんなかったかな。

いったい長年使ってたやり方は何だったんだ?と愕然としました。嬉しいよりも哀れが大きかったですね。時短だけでも計り知れない(列形式が崩れるとか多少の問題はあり)。それでも哀しすぎる。バカだろ、おれ?

 

調べてみるとODBC周りはいろいろ悩みが尽きないようですね。以前私も調べたのですが、行き止まりでした。RODBCの存在すら忘れていました。

これを閃いたのは、次男のお下がりのPC(32 bit)にLinuxマウントしていろいろ弄ってて、最強分析マシンを作ろうとしたことで、64と32の間に揉まれまくったことが幸いしたのかも。

私自身はLinux使うのは15年以上前から、XWindowなしでCUIで動かしたりしてたのですが。遊びで。

 

本当に盲点でした。へ、こんなこと!?英語で言ったら、Just like that? Oh, well...(涙目) という心境でしょうか。

物理的には涙は出ませんでしたが、心の中では涙が出ました。

 

機を同時にして、沢山のデータ処理、分析課題、ビジネス創造、が投げ込まれてきました。「できるかー!」と思いましたがやるしかない。

 

今回のRODBCの発見があったからだいぶ助かりそうではあるものの、難題ばかりで苦労はします。

 

SQLiteかませようかと思ってたものの、なかなかハードル高く、とりあえず私レベルではRODBC開通はかなり助かりそうです。

ただし、inner_joinなんかの複数テーブル連結実験はやってないので、やりながら研究します。tidyverseの出番かな。

 

基本はPythonでデータ処理してRで分析。ドヤ顔だったものの、それでもムダが多くて。

 

はあ。無知はつらい。おまけに恥ずかしい。全ては基本。

 

 

カンブリア宮殿

今でもあるんですかね。ビジネスリーダーたちが出てくる番組。

私はそんなに観てませんでしたが、テーマソングがこれでしたね。

Joe Satriani Crowd Chant

https://youtu.be/dyPIyghjEec

この曲はライブで大盛り上がりです。

私はJoeのライブは何度か行きましたし、バンドの仲間と一緒に、バックステージに行って直接話をしたことがあります。もっぱら、友人の通訳でした。

ステージではクール。その一方で、サングラスも外して、とても物静かで癒し系の人でした。

 

何でこんな話かというと、さっき、ちょこっとこの曲を弾いてたからです。

また行きたいなあ。